住宅や設備、施設の防水工事、防水補習工事、リフォーム工事、リノベーション工事、FRP防水施工工事、FRP防水工法など、個人・法人問わず、防水工事に関することなら、東京都日野市に本社があり、東京、埼玉、千葉、名古屋、九州、関西に支店を持つ株式会社大同ポリマーにお任せください。

株式会社大同ポリマー
AICA

ご相談・お問合せは

防水工事・補修工事

個人のお客様への防水工事

ひとことで防水工事といっても様々な工法があります。
ここでは代表的な防水工事を紹介します。
現場の状況とお客様とご相談のうえで適した工法を施します。

FRP防水

FRP防水とは、母材となるコンクリート、金属や木部の表面にライニング*することで、FRPの被覆防水層を形成する工法です。今までに無い耐久性のある新素材の防水材として注目されてきています。さらに。短期施工が可能です。

*ライニングとは防水・耐蝕のために合成樹脂(ゴム・ウレタン・エポキシ・ポリエステル等)ガラス繊維・シリカサンドを用い、積層により樹脂を厚く塗り皮膜を形成させることをいいます。

ウレタン防水(塗膜防水)

ウレタン防水(塗膜防水)とは、防水塗料を塗り重ねて防水の厚みをつけていく工法です。業者により違いはありますが、一般的に補強シートなどを下地に使用し、その上からウレタン樹脂を塗布していく工法が主流です。下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られる為、各種部位への防水に適しています。

シート防水

シート防水とはシート防水材(合成高分子材)を繋ぎ合わせていく工法です。シート防水のシート単体の強度はありますが、繋ぎ目の強度は弱く、年数経過とともに結合部分に剥がれや浮きなどが発生し劣化してしまいす。

アスファルト防水

アスファルト防水とはアスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを何枚か重ねて防水の層を形成していく工法です。古くから使われている工法ですので信頼性は高いです。しかし、重量が重い事が難点です。屋上防水で重量が重いと言う事は建物の強度も考えなくてはいけなくなります。

お申し込み〜施工まで
①気になる場所や水漏れを見つけたらまずはご連絡
②当社専門スタッフがお客様のご都合に合わせてお伺いします。
③漏水チェックの後、傷み具合や状況を詳しくご説明します。
④ご希望でお見積りを作成します。
⑤ご依頼をいただいた後、行程をご説明して作業に入ります。
⑥安心・確実に施工します。
施工完了
大切なお住まいの防水は実績ある当社におまかせください
042-599-7088
メールからのお問合せ


PAGE TOP